三菱電機社長「本気度が足りなかった」 検査不正問題を陳謝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
三菱電機本社が入るビル=東京都千代田区で2019年8月、道永竜命撮影
三菱電機本社が入るビル=東京都千代田区で2019年8月、道永竜命撮影

 三菱電機の検査不正問題で、同社の漆間啓社長は20日の記者会見で「経営者としての本気度が足りず、現場が抱える課題や悩みを拾いあげることができなかった」と陳謝した。そのうえで「現場と経営層のコミュニケーションのあり方を抜本的に見直し、不適切行為の発生を未然に防ぐ全社的な仕組みを構築する」と述べた。

 同社は会見に先立ち、国内17拠点で累計…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文296文字)

あわせて読みたい

ニュース特集