首都圏の新築マンション平均価格、4年ぶり下落 2022年度上半期

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 不動産経済研究所が20日発表した2022年度上半期(4~9月)の新築マンションの1戸当たり平均価格は首都圏(1都3県)で前年同期比5・5%下落し6333万円だった。マイナスは4年ぶり。東京23区で前年同期に高額物件が相次いで発売された反動減が、全体を押し下げた。

 地域別の価格は東京23区が10・6%下…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文270文字)

あわせて読みたい

ニュース特集