NY州乱射、ネット掲示板4チャンが影響 報告書「過激化の温床」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 銃撃事件が起きたスーパーの前で抱き合う人たち=米ニューヨーク州バファローで5月、AP共同
 銃撃事件が起きたスーパーの前で抱き合う人たち=米ニューヨーク州バファローで5月、AP共同

 米ニューヨーク州は18日、州北部バファローで5月に発生した銃乱射事件へのインターネットの影響に関する報告書を発表した。10人が死亡した事件は黒人に対する憎悪犯罪(ヘイトクライム)とされ、報告書はネット掲示板「4チャン」が白人被告(19)=殺人罪などで起訴=の人種差別的な主張を強めたと指摘、運営会社の民事責任を追及する法改正を求めた。

 4チャンは日本のネット掲示板「2ちゃんねる」に影響を受けて英語版として創設され、2015年に2ちゃんねる開設者の西村博之氏が所有者になったとされる。報告書は「人種差別的なヘイトスピーチと過激化の温床となっている」と糾弾。法改正の機運が高まれば運営側が対応を迫られそうだ。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文613文字)

あわせて読みたい

ニュース特集