地層から「足跡」探せ!ナウマンゾウ知る手がかりに 北海道で調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ナウマンゾウの化石の発見現場脇で始まった足跡化石の発掘調査=北海道幕別町忠類で2022年10月19日午前11時9分、鈴木斉撮影
ナウマンゾウの化石の発見現場脇で始まった足跡化石の発掘調査=北海道幕別町忠類で2022年10月19日午前11時9分、鈴木斉撮影

 数十万年前の氷河期に日本列島に生息し、長い牙が特徴のナウマンゾウ――。1969年に国内で初めて、ほぼ1体分の骨格化石が発掘された北海道幕別町忠類地区(旧忠類村)で19日、町教育委員会が新たに調査を始めた。今回は地層を丹念に調べ、生態を知る手がかりとなる「足跡化石」を探す。関係者は「改めてナウマンゾウが地域の宝であることを伝えたい」と意気込んでいる。【鈴木斉】

 ナウマンゾウは氷河期に日本に生息したゾウの一種。大きさは動物園などで見られるアジアゾウよりもやや小型だ。忠類地区で69年7月、農道工事現場で歯の化石が見つかり、70年の本格調査で骨格化石が発掘された。ナウマンゾウの化石が見つかっているのは全国で約200カ所あるが、1頭が「ほぼその場で埋没した形」で発掘されたのは忠類地区だけ。学術的にも貴重な現場とされる。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1154文字)

あわせて読みたい

ニュース特集