特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

五輪汚職 ADK元幹部「コンサル料は謝礼」 元理事活動実績なしか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高橋治之容疑者=東京都新宿区で2014年6月5日午後2時4分、小川昌宏撮影
高橋治之容疑者=東京都新宿区で2014年6月5日午後2時4分、小川昌宏撮影

 東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件で、贈賄容疑で逮捕された大手広告会社「ADKホールディングス」の元幹部2人が東京地検特捜部の調べに、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=に支払ったコンサルタント料の趣旨について、「五輪事業に関する便宜への謝礼」と供述していることが関係者への取材で判明した。コンサル料は総額約5000万円に上ったが、元理事からは金額に見合うコンサル活動は受けていないとも説明しているという。

 関係者によると、ADKの前身「アサツーディ・ケイ」は2013年7月に元理事が代表のコンサル会社「コモンズ」とスポーツマーケティングに関するコンサル契約を結び、今年1月まで月50万円を基本に、総額約5000万円を送金した。ADK元専務執行役員の久松茂治(63)、同社元五輪・パラ本部長の多田俊明(60)の2容疑者はこの送金について、組織委からスポンサー集めの専任代理店として委託を受けた大手広告会社「…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文1008文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集