特集

東京五輪汚職

東京オリンピックのスポンサー選定を巡る汚職事件で、大会組織委元理事らが逮捕。祭典の裏で何が。

特集一覧

五輪汚職 ADK社長が辞任 贈賄容疑で逮捕、本人から申し出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ADKホールディングス前社長の植野伸一容疑者=同社ホームページから
ADKホールディングス前社長の植野伸一容疑者=同社ホームページから

 大手広告会社「ADKホールディングス」は20日、五輪汚職事件で東京地検特捜部に贈賄容疑で逮捕された植野伸一社長(68)が辞任し、後任に大山俊哉同社執行役員(63)を昇格させる人事を発表した。植野前社長から辞任の申し出があり、19日の株主総会で大山氏を取締役とする案を決議し、同日の取締役会で大山氏の社長就任が承認された。

 ADKは植野前社長が逮捕された19日に「このような事態に至ったことは誠に遺憾。関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけし、深くおわび申し上げる。事件の解決に向けて、捜査に全面的に協力していく」とのコメントを発表していた。

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文444文字)

【東京五輪汚職】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集