神戸連続児童殺傷 遺族の土師さん「全記録廃棄、経緯調査を」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大勢の報道陣や住民の見守る中、神戸地検に向かう土師淳さん殺害容疑者の中学生を乗せたマイクロバス=神戸市の須磨警察署前で1997年6月29日、山下恭二撮影
大勢の報道陣や住民の見守る中、神戸地検に向かう土師淳さん殺害容疑者の中学生を乗せたマイクロバス=神戸市の須磨警察署前で1997年6月29日、山下恭二撮影

 1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件で、神戸家裁が殺人容疑で逮捕され少年審判を受けた当時14歳の加害男性(40)に関する全ての事件記録を廃棄していたことが20日、同家裁への取材で判明した。

小学6年で殺害された土師(はせ)淳さん(当時11歳)の父守さん(66)の話

 社会的注目を集めた事件で、後に検証する…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文231文字)

あわせて読みたい

ニュース特集