全事件記録廃棄の家裁「適切ではなかった」 神戸連続児童殺傷

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大勢の報道陣や住民の見守る中、神戸地検に向かう土師淳さん殺害容疑者の中学生を乗せたマイクロバス=神戸市の須磨警察署前で1997年6月29日、山下恭二撮影
大勢の報道陣や住民の見守る中、神戸地検に向かう土師淳さん殺害容疑者の中学生を乗せたマイクロバス=神戸市の須磨警察署前で1997年6月29日、山下恭二撮影

 1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件で、神戸家裁が殺人容疑で逮捕され少年審判を受けた当時14歳の加害男性(40)に関する全記録を廃棄していたことが20日、家裁への取材で判明した。男性の処分決定書、兵庫県警と神戸地検が作成した供述調書、実況見分調書に加えて、男性の精神状態を調べた精神鑑定書や家裁調査官による成育歴などを調べた報告書などが廃棄されたとみられる。家裁は経緯は不明とした上で「現状の運用からすると(記録の廃棄は)適切ではなかった」としている。

 事件では97年2~5月、小学生5人が相次いで襲撃され、小学4年の山下彩花さん(当時10歳)と小学6年の土師淳さん(同11歳)が殺害された。当時中学3年だった男性が殺人容疑などで逮捕された。神戸家裁は少年審判を経て同年10月、男性を医療少年院に送致する決定を出した。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文749文字)

あわせて読みたい

ニュース特集