神戸連続児童殺傷記録廃棄「歴史的事件、重大ミス」 諸沢英道氏

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大勢の報道陣や住民の見守る中、神戸地検に向かう土師淳さん殺害容疑者の中学生を乗せたマイクロバス=神戸市の須磨警察署前で1997年6月29日、山下恭二撮影
大勢の報道陣や住民の見守る中、神戸地検に向かう土師淳さん殺害容疑者の中学生を乗せたマイクロバス=神戸市の須磨警察署前で1997年6月29日、山下恭二撮影

 1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件で、神戸家裁が殺人容疑で逮捕され少年審判を受けた当時14歳の加害男性(40)に関する全ての事件記録を廃棄していたことが20日、同家裁への取材で判明した。

諸沢英道・元常磐大学長(被害者学)の話

 遺族らの活動の成果もあり、刑事罰の対象年齢が16歳以上から14歳以上…

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文285文字)

あわせて読みたい

ニュース特集