「カープの殿堂」を広島に 市所蔵お宝公開求めプロジェクト始動

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カープミュージアム設立の機運を高めようと、酒だるを据えて行われたアンケート=広島市中区の地下街「紙屋町シャレオ」で2022年10月15日午後1時52分、安徳祐撮影
カープミュージアム設立の機運を高めようと、酒だるを据えて行われたアンケート=広島市中区の地下街「紙屋町シャレオ」で2022年10月15日午後1時52分、安徳祐撮影

 広島市が所蔵し、一般に公開されないまま眠っているプロ野球・広島カープの歴史的な資料を常設展示する資料館を求める市民有志らの活動が始まった。「カープ・ミュージアム設立プロジェクト」。ミュージアム開設を呼びかけるイベントが15日、広島市中区の地下街・紙屋町シャレオであり、「カープの殿堂」の実現に向け機運を盛り上げた。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文987文字)

あわせて読みたい

ニュース特集