連合、来年の春闘で5%賃上げ目標に 中央執行委で基本構想確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2023年春闘の賃上げ目標について語る連合の芳野友子会長(左)=東京都千代田区で2022年10月20日、吉永磨美撮影
2023年春闘の賃上げ目標について語る連合の芳野友子会長(左)=東京都千代田区で2022年10月20日、吉永磨美撮影

 連合は20日の中央執行委員会で、来年の春闘の闘争方針として基本給を一律に引き上げるベースアップ要求を月給の3%とし、定期昇給分を含めて5%程度の賃上げ目標を掲げる基本構想を確認した。これまでの賃上げ目標は、過去7年連続で4%程度だったが、連合は急激な物価上昇を踏まえ、さらなる引き上げを求めていくことにした。

 芳野友子会長は記者会見で、物価高と向き合う必要性を強調し、「業績の悪い企業は、労働条件全般で経営側と話していくことも重要だ」と述べた。12月の正式決定に向けて協議を進める。

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文531文字)

あわせて読みたい

ニュース特集