伊藤詩織さんに「女として落ち度」 杉田水脈氏の差別発言の数々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党安倍派の会合に臨む杉田水脈総務政務官=東京都千代田区の同党本部で2022年8月25日午前11時59分、竹内幹撮影
自民党安倍派の会合に臨む杉田水脈総務政務官=東京都千代田区の同党本部で2022年8月25日午前11時59分、竹内幹撮影

 ツイッター上で自身を中傷する投稿に「いいね」を押されて名誉感情を侵害されたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さんが、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員に220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は20日、1審の東京地裁判決を覆して杉田氏に55万円の賠償を命じた。杉田氏は過去に、性暴力被害を訴える伊藤さんについて「女としての落ち度があった」と述べるなど性暴力被害者、LGBTなど性的少数者に対する差別発言などが度々問題視されてきた。これまでの発言を振り返った。【デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り1197文字(全文1445文字)

あわせて読みたい

ニュース特集