神戸連続児童殺傷 家裁、事件記録廃棄の経緯「調査予定ない」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神戸連続児童殺傷事件の全記録を廃棄していた神戸家裁=神戸市兵庫区で2022年10月20日午後2時22分、村田愛撮影
神戸連続児童殺傷事件の全記録を廃棄していた神戸家裁=神戸市兵庫区で2022年10月20日午後2時22分、村田愛撮影

 1997年に起きた神戸連続児童殺傷事件で、神戸家裁が、殺人容疑で逮捕され少年審判を受けた当時14歳の加害男性(40)に関する全事件記録を廃棄していたことが20日、家裁への取材で判明した。最高裁は、社会の耳目を集めた事件記録は特別に保存するよう求めている。家裁は廃棄の経緯は「不明」とし「現状の運用からすると(記録廃棄は)適切ではなかった」とする一方、廃棄の経緯の調査について「行う予定はない」としている。

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文973文字)

あわせて読みたい

ニュース特集