神戸児童殺傷記録廃棄 家裁「当時の職員個人の見解」関係者は疑問の声

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神戸連続児童殺傷事件の全記録を廃棄していた神戸家裁=神戸市兵庫区で2022年10月20日午後2時23分、村田愛撮影
神戸連続児童殺傷事件の全記録を廃棄していた神戸家裁=神戸市兵庫区で2022年10月20日午後2時23分、村田愛撮影

 児童2人を殺害したとして当時中学3年の少年が殺人容疑で逮捕された神戸連続児童殺傷事件を巡り、神戸家裁が20日、全ての事件記録を廃棄し、その経緯について調査しない方針を明らかにした。「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」の犯行声明に少年法改正――。注目を集めた事件で、非公開だった加害男性(40)の審判の内容などを検証することは将来的に困難となった。関係者からは家裁の対応に疑問の声が噴出した。

 20日午前、神戸家裁で報道陣の取材に応じた担当者は「記録が廃棄されたことは事実」と説明しながら、いつ、誰が、どういう経緯で記録を廃棄したかについては「分からない」と繰り返した。経緯の調査や当時の職員からの聞き取りも「する予定はない」とし、その理由について「(廃棄当時の)職員個人の見解にとどまる」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1227文字)

あわせて読みたい

ニュース特集