特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち20人が死亡、6人が行方不明に。

特集一覧

「悲しみ一生消えぬ」 知床観光船事故、乗客家族がオンライン会見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
観光船「KAZU I(カズワン)」=知床遊覧船のウェブサイトから
観光船「KAZU I(カズワン)」=知床遊覧船のウェブサイトから

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故が発生してから23日で半年となるのを前に、乗客らの家族の一部が20日、オンラインで記者会見を開いた。事故では乗員乗客計26人のうち、20人の死亡が確認された一方、6人が行方不明となっている。

 現在も海上保安庁などによる捜索が続いており、家族は会見で「この手で連れて帰ってあげたいと思っても、どうすることもできない場所で私たちの家族は消息を絶った。凄惨(せいさん)な事件で家族を奪われ、地獄のようにつらい毎日。悲しみは一生消えることはない」と心情を語った。

 家族らは報道機関から事前に質問を受け、氏名などを明かさない形で会見に臨んだ。ある男性は、カズワンの運航会社「知床遊覧船」(北海道斜里町)の桂田精一社長の姿勢に言及。家族への個別の謝罪や説明をする場を設けるように求めてきたが実現されていないとし、「桂田社長は一切、表に出てこない。誠意のない態度を遺憾に思う。(桂田社長の)弁護士からは事故原因が判明していないこと、行方不明者がいることなどを理由に説明…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文763文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集