事件記録廃棄、長崎小6女児殺害も 04年発生 長崎家裁佐世保支部

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 長崎県佐世保市で2004年、小学6年の女児(当時12歳)が殺害された事件で、補導された11歳だった同級生の女児に関する全ての事件記録を、長崎家裁佐世保支部が19年に廃棄していたことが20日、長崎家裁への取材で分かった。

 家裁によると、廃棄したのは19年2月28日。廃棄の理由や記録の種類については「…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

あわせて読みたい

ニュース特集