特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

勘違いの才能を持て 日体大・矢沢の投打二刀流の原点 ドラフト

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
力投する大学・社会人選抜の矢沢=神宮球場で2022年8月1日、吉田航太撮影
力投する大学・社会人選抜の矢沢=神宮球場で2022年8月1日、吉田航太撮影

 20日のプロ野球新人選手選択(ドラフト)会議で目玉候補の一人が、日体大の「投打二刀流」の矢沢宏太選手。米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手を投打二刀流で育てた日本ハムが1位で指名すると公表した逸材だ。類いまれな才能を持つ22歳の座右の銘は「勘違いの才能を持て」。どんな意味が込められているのか。

当たり前の「二刀流」

 「とにかく全部うまくなる。高校で指名漏れしたので、…

この記事は有料記事です。

残り1555文字(全文1739文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集