特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

沖縄の大学から初のドラフト指名 仲地礼亜、中日の1位に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
沖縄大の仲地礼亜投手=福岡市東区のFITスタジアムで2022年10月16日、藤田健志撮影
沖縄大の仲地礼亜投手=福岡市東区のFITスタジアムで2022年10月16日、藤田健志撮影

 プロ野球・中日は20日、ドラフト会議で最速151キロ右腕、沖縄大の仲地礼亜(れいあ)投手(21)を1位で指名し、交渉権を獲得した。1965年にドラフト制度が導入されて以降、沖縄県内の大学からドラフト会議で指名された選手は、仲地投手が初めてとなった。

 仲地投手は沖縄県出身。沖縄・嘉手納高から沖縄大に進み、得意のスライダーを含めてカーブ、フォーク、チェンジアップなど球種も豊富で、三振を奪う力がある。2021年全日本大学選手権では、1回戦で名城大に敗れたものの、1失点完投で全国デビューを果たした。プロ入りについては「沖縄(の大学)からでもプロを目指せると思って、みんなが取り組んでくれたらいい」と語っていた。

 2学年上の兄・玖礼(くおれ)投手は嘉手納高で16年夏の甲子園に出場した。今季は社会人野球のエナジック(沖縄)でプレーした。

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文834文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集