特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

難病乗り越えた“忍者” 亜大・田中幹也、中日が6位指名

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
難病を乗り越え、主将として全力プレーでチームを引っ張る亜大の田中幹也内野手=神宮球場で2022年4月12日午後2時1分、三浦研吾撮影
難病を乗り越え、主将として全力プレーでチームを引っ張る亜大の田中幹也内野手=神宮球場で2022年4月12日午後2時1分、三浦研吾撮影

 中日は20日のプロ野球・新人選手選択(ドラフト)会議で、田中幹也内野手(亜大)を6位で指名し、交渉権を獲得した。田中内野手は大学3年時に難病「潰瘍性大腸炎」で苦しんだが、憧れの舞台への道が開けた。

 身長166センチと小柄ながら、50メートル5秒9の俊足と高い守備力は東海大菅生高(東京)時代から定評があった。夏の甲子園で4強入りし、SNS(ネット交流サービス)上では俊敏なプレースタイルを形容して「忍者」と呼ばれた。亜大では1年からレギュラーに定着し、大学日本代表にも選ばれた。

 3年生だった2021年夏に国指定の難病「潰瘍性大腸炎」が判明し、手術と長期の入院生活を余儀なくされた。故・安倍晋三元首相の持病で、最近では陸上男子100メートルの元日本記録保持者、桐生祥秀選手(日本生命)が患ったと公表した大病だ。田中内野手も体重が10キロ以上減り、プロ入りどころか競技復帰すら危ぶまれた。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文792文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集