特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

浅野翔吾は巨人、荘司康誠は楽天が交渉権獲得 ドラフト1位指名

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
世代最強スラッガーの浅野翔吾=米フロリダ州で2022年9月9日午後4時4分、大東祐紀撮影
世代最強スラッガーの浅野翔吾=米フロリダ州で2022年9月9日午後4時4分、大東祐紀撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が20日、東京都内であり、1位指名で高校屈指の強打者、浅野翔吾外野手(香川・高松商高)に阪神、巨人の2球団が競合し、巨人が抽選で交渉権を獲得した。本格派右腕の荘司康誠投手(立大)は楽天とロッテが競合し、楽天が交渉権を得た。

 それ以外のセ・パ8球団は単独での1位指名となった。ヤクル…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集