特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

沖縄の大学から初ドラフト指名の仲地礼亜 「沖縄から目指せる」実証

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中日から1位指名され笑顔を見せる沖縄大の仲地礼亜投手=那覇市で2022年10月20日午後5時50分、喜屋武真之介撮影
中日から1位指名され笑顔を見せる沖縄大の仲地礼亜投手=那覇市で2022年10月20日午後5時50分、喜屋武真之介撮影

 20日に東京都内で行われたプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議で、沖縄大の仲地礼亜(れいあ)投手(21)が中日から1位指名を受けた。1965年にドラフト制度が導入されて以降、沖縄県内の大学生がドラフト会議で指名されたのは初めて。仲地投手は「自分が選ばれたことで沖縄の大学から(プロを)目指せることを実証できた」と喜んだ。

 沖縄からのドラフト指名は、社会人では沖縄電力からドラフト7位で97年にダイエー(現ソフトバンク)に入団した新里紹也内野手ら、高校生では興南高からドラフト1位で2020年にオリックスに入団した宮城大弥投手らがいる。ドラフトを通さずに入団するドラフト外では、沖縄大から75年に上田正則投手がロッテに入団した例などがあるが、沖縄県内の大学生のドラフト指名がなかったのは、身体能力の高い選手は、高校や大学を…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文917文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集