特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

巨人1位指名の浅野、まずは右打ち 「中距離打者として勝負」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
巨人のドラフト1位に決まり、笑顔を見せる高松商の浅野翔吾と長尾監督=高松市で2022年10月20日午後6時14分、望月亮一撮影
巨人のドラフト1位に決まり、笑顔を見せる高松商の浅野翔吾と長尾監督=高松市で2022年10月20日午後6時14分、望月亮一撮影

 巨人は20日のドラフト会議で、高校生ナンバーワンスラッガー、香川・高松商高の浅野翔吾外野手を1位指名し、阪神との競合の末、抽選で交渉権を獲得した。

 巨人の1位指名を受けた香川・高松商高の浅野翔吾外野手は「伝統あるジャイアンツさんに1位指名されてうれしい。一日でも早く1軍の舞台でプレーしたい」と意気込んだ。

 浅野は高校通算68本塁打を誇る両打ちのスラッガーで、パワフルな打撃に加えて、50メートル5秒9の俊足、遠投110メートルの強肩も魅力。今夏の甲子園では3試合で10打数7安打、3本塁打をマークし、チームを8強に導いた。9月に米フロリダで開催されたU18(18歳以下)ワールドカップでも本塁打を放つなど、1番打者として銅メダル獲得に貢献した。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文563文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集