特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

新人王、2桁勝利…「栄光の1位指名」を受けた選手たちの抱負

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
阪神から1位指名を受け笑顔を見せる中央大の森下翔太選手=中央大多摩キャンパスで2022年10月20日午後6時38分、黒川将光撮影
阪神から1位指名を受け笑顔を見せる中央大の森下翔太選手=中央大多摩キャンパスで2022年10月20日午後6時38分、黒川将光撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が20日、東京都内であり、1位指名を受けた選手らは喜びの表情を見せた。

自身は「ライオン」闘志をアピール

中大・森下翔太=阪神1位

 阪神から1位指名を受けた中大の森下は、即戦力としての期待に「新人王をまず一番の目標としている。そこを目指して頑張りたい」と意気込んだ。神奈川・東海大相模高で通算57本塁打を放っており、選抜大会にも出場したが「甲子園にいい思い出がない。その記憶を塗り替えたい」と真っすぐなまなざしで語った。

 大学で2年先輩のDeNA・牧を目標にしてきたといい、自分を例えるなら「ライオン」と闘志をアピール。「打撃も、走塁や守備も先手先手で展開して存在感のある選手になりたい」と活躍を誓った。

憧れのチームからの指名に笑み

早大・蛭間拓哉=西武1位

 早大の主砲、蛭間は少年時代から憧れた西武に1位指名され「本当にうれしい。今まで頑張ってきてよかった」と満面に笑みを浮かべた。

 小学2年時に初めてプロ野球の試合を見に行ったのが西武ドーム(現ベルーナドーム)だったという。その後はライオンズジュニアでもプレーし、埼玉・浦和学院高を経て大学屈指の外野手に成長。「走攻守全てでアピールするのもそうだが、全力プレーが売り」と自身の長所を挙げた。

 目指す…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文906文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集