特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

9球団が1位指名公表 「目玉不在」異例ドラフトの背景にコロナ禍

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1巡目で高松商高・浅野翔吾の交渉権を獲得して喜ぶ巨人の原辰徳監督(左)。右は阪神の岡田彰布監督=東京都内で2022年10月20日(代表撮影)
1巡目で高松商高・浅野翔吾の交渉権を獲得して喜ぶ巨人の原辰徳監督(左)。右は阪神の岡田彰布監督=東京都内で2022年10月20日(代表撮影)

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が20日、東京都内で開かれた。

 「目玉不在」「1位候補が12人そろわない」。今年のドラフト会議に向けた取材で多くの関係者から、こんな言葉を聞いた。9球団が1位指名を事前に公表する異例の展開も、会議当日には大きなサプライズや波乱はなく終わった。

 ドラフトの象徴的な場面といえば、春夏の甲子園を沸かせた高校生のスター選手に指名が集まり、どこの球団が交渉権を手にするのか――というシーンが思い浮かぶ。将来の日本球界を背負って立つ若き逸材の存在が、プロ野球の活性化や人気拡大の一翼を担ってきた。セ・リーグのある球団幹部も「1位はやはり将来性。将来スーパースターになるような素材を」と言う。近年は解析技術の発達で、ロッテの佐々木朗希投手やヤクルトの奥川恭伸投手らのように高卒からプロ入り後、数年内に1軍で結果を残す選手も増えつつある。

 一方で、今回のドラフト候補の選手たちは、…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文966文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集