特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

「正直だめかと」 喜び、安堵…ドラフト指名を受けた選手たち

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロッテから1位指名を受け、笑顔で記念撮影に臨む専修大の菊地吏玖投手=川崎市多摩区の専修大生田キャンパスで2022年10月20日午後6時7分、田中綾乃撮影
ロッテから1位指名を受け、笑顔で記念撮影に臨む専修大の菊地吏玖投手=川崎市多摩区の専修大生田キャンパスで2022年10月20日午後6時7分、田中綾乃撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が20日、東京都内であり、1位指名で高校屈指の強打者、浅野翔吾外野手(香川・高松商高)に阪神、巨人の2球団が競合し、巨人が抽選で交渉権を獲得した。本格派右腕の荘司康誠投手(立大)は楽天とロッテが競合し、楽天が交渉権を得た。

 セの阪神と巨人以外の4球団と、パのロッテと楽天以外の4球団は単独での1位指名となった。ヤクルトは吉村貢司郎投手(東芝)、DeNAは松尾汐恩捕手(大阪桐蔭高)、広島は斉藤優汰投手(北海道・苫小牧中央高)、中日は仲地礼亜投手(沖縄大)の交渉権を獲得。オリックスは曽谷龍平投手(白鷗大)、ソフトバンクはイヒネ・イツア内野手(愛知・誉高)、西武は蛭間拓哉外野手(早大)、日本ハムは矢沢宏太投手(日体大)の交渉権を手にした。

 外れ1位では、阪神が森下翔太外野手(中大)、ロッテが菊地吏玖投手(専大)を指名した。

この記事は有料記事です。

残り1555文字(全文1937文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集