特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

楽天1位指名の立大・荘司康誠、エース目指す「田中将大のように」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
楽天から1位指名され、記者会見でポーズをとる立大の荘司康誠投手=埼玉県新座市で2022年10月20日午後8時13分、小出洋平撮影
楽天から1位指名され、記者会見でポーズをとる立大の荘司康誠投手=埼玉県新座市で2022年10月20日午後8時13分、小出洋平撮影

 プロ野球のドラフト会議が20日に行われ、楽天が荘司康誠投手(立大)を1位で指名し、競合の末、交渉権を獲得した。

 楽天1位指名の立大・荘司康誠投手は「楽天だと田中将大投手が頭に浮かぶ。田中選手の後に僕がそういう存在になれるようにやっていきたい」と将来のエースを目指して意気込みを語った。

 楽天は荘司の1位指名を公表していたが、会議では先にロッテが指名した。「楽天さんの方からは事前に聞いていて、先にまさか、千葉ロッテさんで名前が呼ばれるとは思っていなかった。そこまで高く評価されていることに喜びを感じました」と話した。

 楽天については「チームとして強いイメージもある。東北のみなさんとの強い絆、ファンのみなさんに愛されているあったかい球団だなと思っています」と印象を語った。

この記事は有料記事です。

残り518文字(全文855文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集