特集

プロ野球ドラフト会議2022

2022年のプロ野球ドラフト会議は10月20日に実施されます。初実施の「現役ドラフト」(12月9日)もリポート。

特集一覧

育成ドラフト、過去最多の57選手指名 ソフトバンクは14人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
プロ野球・新人選手選択(ドラフト)会議
プロ野球・新人選手選択(ドラフト)会議

 プロ野球の育成ドラフトが20日に行われ、全12球団が参加して2005年の育成選手制度導入後最多の57選手が指名を受けた。ソフトバンクの14人は昨年の同球団に並ぶ1球団過去最多で、巨人も9人を指名した。育成選手は公式戦出場が2軍戦に限定され、7月末まで支配下選手枠への登録が可能。指名選手は次の通り。(丸数字は順位)

 ▽ヤクルト①橋本星哉捕手(中央学院大)

この記事は有料記事です。

残り908文字(全文1086文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集