連載

男性育休・現在地は?

男性育休の「今」を探りながら、家事・育児と仕事の在り方などを考えます。

連載一覧

男性育休・現在地は?

問われるマネジメント力 男性育休の法改正 働き方改革の好機に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
NPO法人「ファザーリング・ジャパン」理事の徳倉康之さん=本人提供
NPO法人「ファザーリング・ジャパン」理事の徳倉康之さん=本人提供

 人手不足が顕著な中小企業では特に、男性育休への抵抗感は根強い。そんな中、「取得率100%」を達成した新潟県の中小企業「サカタ製作所」について前回の記事で紹介した。先進事例から学べるポイントは何か。そもそも、企業が取得を推進する意義は? 男性の子育て支援事業を展開するNPO法人「ファザーリング・ジャパン」理事で、厚生労働省の「男性の育児休業取得促進事業」検討委員なども務める徳倉康之さん(42)に聞いた。【宇多川はるか】=連載は随時掲載

「誰々でないと回らない」から転換を

 ――9月に発表された日本商工会議所・東京商工会議所の調査では、男性育休の課題として、多くの中小企業が育休に入った際の「代替要員の確保」を挙げています。一方で、サカタ製作所のように、残業をなくしていく取り組みの先に、男性育休取得が進んだケースもあります。人手不足の企業で男性育休を進めるためのカギは何でしょうか。

 ◆例えばサカタ製作所は、業務を棚卸しして属人化を防いだ結果、男性育休の取得が加速度的に進みました。男性育休を進めるス…

この記事は有料記事です。

残り1973文字(全文2424文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集