上方落語最古参の桂福団治さん、「曽呂利寄席」5年ぶり復活

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「復活 曽呂利寄席」への意気込みを語る桂福団治さん=大阪市中央区で、谷口豪撮影
「復活 曽呂利寄席」への意気込みを語る桂福団治さん=大阪市中央区で、谷口豪撮影

 上方落語界で最古参の桂福団治さん(81)が26日、「復活 曽呂利(そろり)寄席」を心斎橋角座(大阪市中央区)で開く。権力者を怒らせず、とんちでやり込める面白みがある曽呂利噺(ばなし)をいくつか披露する。

 豊臣秀吉に仕えたとされる曽呂利新左衛門にまつわる一連のとんち噺。江戸時代から人気を博してきたが、現在は演じ手がほとんどいない。次世代への継承に危機感を抱いた福団治さんは、2011年から1…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

あわせて読みたい

ニュース特集