電気料金負担軽減で西村経産相「2000~3000円上昇に対応」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
西村康稔経産相
西村康稔経産相

 西村康稔経済産業相は21日の閣議後記者会見で、検討を進める電気料金の負担軽減策について「来年春に2000~3000円ぐらいの料金上昇が想定される。そうした負担も念頭に置きながら詰めの作業を行っている」と述べた。ただ、具体的な支援の幅については明言しなかった。料金上昇額は一般家庭で2~3割程度の値上…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文287文字)

あわせて読みたい

ニュース特集