「僕の代わりに予算委に…」 河野デジタル相のアバター、実証実験へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自身の分身「アバター」ロボット(左)の肩に手をかける河野太郎デジタル相=東京都千代田区で2022年10月21日、山口敦雄撮影
自身の分身「アバター」ロボット(左)の肩に手をかける河野太郎デジタル相=東京都千代田区で2022年10月21日、山口敦雄撮影

 ロボット研究者の大阪大の石黒浩教授らのグループは21日、河野太郎デジタル相の分身「アバター」ロボットを開発し報道陣に公開した。ロボットの遠隔操作に関する実証実験を進める。現役閣僚のアバターのロボットを利用した実験は世界初という。

 東京都内で自らの分身ロボットを遠隔操作した河野氏は「これを使いながら、私自身が行かなくともいろいろなところにアバターを派遣して話ができる」…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

ニュース特集