精神障害の労災、9年で6割増 女性は8割増、セクハラ原因が多く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 政府は21日、過労死・過労自殺の現状を分析した2022年版「過労死等防止対策白書」を閣議決定した。うつ病など精神障害による労災認定数が、10~19年度で6割以上増えたとするデータを紹介。女性の認定は8割近く増加し、セクハラが原因のケースが多いと指摘している。

 白書によると、10年度に308件だった精神障害での労災認定は19年度には509件となった。厚生労働省の担当者は「働き方改革などで労…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

ニュース特集