老朽化?市道の柵破損 80代が転落し重傷 佐世保市が緊急点検へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
市道を歩いて危険箇所があるガイドパイプに「立入禁止」のテープを張って点検作業を確認した=長崎県佐世保市椎木町で2022年10月20日午前10時34分、綿貫洋撮影
市道を歩いて危険箇所があるガイドパイプに「立入禁止」のテープを張って点検作業を確認した=長崎県佐世保市椎木町で2022年10月20日午前10時34分、綿貫洋撮影

 市道に設置した転落防止柵(ガードパイプ)が老朽化とみられる破損で男性が転落して重傷を負った事故を受けて長崎県佐世保市は20日、業者に対して一斉点検の要領を説明した。21日以降、順次点検する。

 市によると今月9日、同市天神2の市道から80代の男性が約2メートル下の民家の敷地に転落。男性は頭など複数カ所を骨折して一時意識不明となった。現場のガードパイプ3本のうち、上の2本が腐食して接続…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文484文字)

あわせて読みたい

ニュース特集