愛知・尾張旭の「彫刻の森」で銅像盗まれる 90年に250万円で取得

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
彫刻の森から盗まれたブロンズ像「海の曲(しらべ)」=愛知県尾張旭市の城山公園で、尾張旭市提供
彫刻の森から盗まれたブロンズ像「海の曲(しらべ)」=愛知県尾張旭市の城山公園で、尾張旭市提供

 愛知県尾張旭市は19日、城山公園内の「彫刻の森」にあったブロンズ像1体が盗まれたと発表した。市は守山署に被害届を提出した。市によると、盗まれたのは粕谷圭司・元白鷗大教授の作品「海の曲(しらべ)」(高さ約40センチ、幅約160センチ)で、市が1990年に250万円で取得した。18日に市民から通報があ…

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文264文字)

あわせて読みたい

ニュース特集