はい・いいえで詐欺見抜く「声掛けボード」 活用して被害防ぎ表彰

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中村勇索署長(右)から感謝状を受け取る釜井義剛さん=三重県警伊賀署で、大西康裕撮影
中村勇索署長(右)から感謝状を受け取る釜井義剛さん=三重県警伊賀署で、大西康裕撮影

 三重県警伊賀署は20日、オレオレ詐欺の被害を防いだとして伊賀市川東の壬生野郵便局の釜井義剛局長(44)に感謝状を贈った。

 署などによると、市内の80代女性宅の電話に10月4日、孫を名乗る人物から「200万円がいる。人のために使う。貸してほしい」などとかかり、女性は同日午後0時半ごろ、壬生野郵便局を訪れ定額貯金200万円の払い戻しを請求。釜井さんに「孫から200万円を貸してくれないかと言…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文489文字)

あわせて読みたい

ニュース特集