ジャンボこいのぼり、虫干し 全長100メートル、青空下でのびのび

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ほうきで虫などを掃きながら作業が進められた=埼玉県加須市内で10月19日、隈元浩彦撮影
ほうきで虫などを掃きながら作業が進められた=埼玉県加須市内で10月19日、隈元浩彦撮影

 埼玉県加須市の名物「ジャンボこいのぼり」の虫干しが19日、県営加須はなさき公園(同市水深)で行われた。青空が広がり、ほどよく風が吹く「虫干し日和」となった。

 全長100メートル、目玉の大きさだけで直径10メートル、総重量は330キロという大きさ。2013年度まで使われていた「3世」と、現役の「4世」の2匹が、広大な芝生広場いっぱ…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

あわせて読みたい

ニュース特集