27年前に廃線の深名線添牛内駅、CFで復活へ 「新たな物語紡ぐ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ホーム側から見た添牛内駅=幌加内町で2022年10月11日、山本直撮影
ホーム側から見た添牛内駅=幌加内町で2022年10月11日、山本直撮影

 日本一寒い地域を走り、27年前に廃線となったJR北海道の深名線添牛内(そえうしない)駅(幌加内(ほろかない)町)が10月中に改修を終え、昔の姿を取り戻すことになった。木造駅舎を残そうと、地元住民らがクラウドファンディング(CF)などで募金への協力を呼び掛け、資金を集めた。旧深名線では、2016年に天塩弥生(名寄市)と沼牛(同町)が復活しており、添牛内で3駅目。鉄道開業150年を機に現場を訪ねると、レールがなくなっても廃れない地域のつながりが見えてきた。

この記事は有料記事です。

残り1286文字(全文1515文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集