開港時ベースの成田空港ターミナル「建て替え必要」 将来構想議論へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
拡張計画が進む成田空港。県は規制緩和で周辺の農地転用を促し、産業集積を図りたい考えだが、農水省は慎重な姿勢を崩していない=千葉県成田市で2020年4月10日午後2時27分、本社ヘリから佐々木順一撮影
拡張計画が進む成田空港。県は規制緩和で周辺の農地転用を促し、産業集積を図りたい考えだが、農水省は慎重な姿勢を崩していない=千葉県成田市で2020年4月10日午後2時27分、本社ヘリから佐々木順一撮影

 成田空港の三つの旅客ターミナルの集約化を軸とした将来構想を議論する検討会が21日、東京都内で初会合を開いた。成田国際空港会社は1978年の開港時をベースとした現行施設は利便性やユニバーサルデザインなどの観点で課題があるとして、「建て替えを想定した再構築が必要」との考えを示した。

 検討会は有識者や国、県、地元市町の代表…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文270文字)

あわせて読みたい

ニュース特集