特集

北九州市60年

5市合併で北九州市が誕生し2023年2月で60周年。「九州初の100万都市」の歴史を振り返り未来を展望します。

特集一覧

「希望のまち」に… 北九州市と手を携え困窮者支援 「抱樸」の歩み

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
抱樸による新春の炊き出し=北九州市小倉北区の勝山公園で2021年1月3日午後3時18分、井上卓也撮影
抱樸による新春の炊き出し=北九州市小倉北区の勝山公園で2021年1月3日午後3時18分、井上卓也撮影

 5市が合併して誕生した北九州市は2023年2月で市制施行60周年を迎える。60年を街とともに歩んだ各界の人々を訪ね歴史を振り返り、これからの都市像を考える。NPO法人「抱樸(ほうぼく)」理事長、奥田知志さん(59)は、市発足と同じ63年生まれ。長年に渡り困窮者支援を続けてきた。

     ◇

 北九州市で、困窮や孤立・孤独などさまざまな困難にある人たちに寄り添う抱樸。理事長の奥田さんは出身は関西だが、市の困窮者への対応を巡る問題をきっかけに、この街に根を下ろして活動するようになった。

 北九州市を初めて訪れた34年前は憤りを抱いていた。牧師になる勉強をしながら、ホームレスの人たちの実情を調べるため、おにぎりを手に街に出た。「当時は住所を持たない人に市の救いの手が一切なかった。住む家がないことこそ、人権が脅かされているのに」

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1229文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集