名古屋・岡山両家裁も重大少年事件記録を廃棄

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
重大な少年事件を巡る裁判所の記録保管状況
重大な少年事件を巡る裁判所の記録保管状況

 愛知県豊川市で2000年、夫婦を殺傷したとして逮捕、送検された当時17歳の少年の事件記録を名古屋家裁が廃棄していたことが20日、家裁への取材で明らかになった。家裁によると、史料的価値の高い記録で26歳以降も事実上永久保存する「特別保存」の対象に含めていなかった。

 廃棄された事件記録は少年審判の処分決定書や、愛知県警などが作成した捜査資料。家裁は、廃棄の時期や特別保存にしなかった理由は不明とした上で「現在の特別保存の運用からすると、適切ではなかったと思われる」とコメントした。

 事件は00年5月1日、豊川市で発生。女性(当時64歳)が自宅で刺されるなどして殺害され、夫も首を負傷した。

この記事は有料記事です。

残り1043文字(全文1337文字)

あわせて読みたい

ニュース特集