特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち20人が死亡、6人が行方不明に。

特集一覧

乗船者名簿作成・保管の義務対象を拡大へ 国交省、沿岸航行の船舶も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
観光船沈没事故を受けた国土交通省の事故対策検討委員会の第8回会合=2022年10月21日午後2時ごろ、木下翔太郎撮影
観光船沈没事故を受けた国土交通省の事故対策検討委員会の第8回会合=2022年10月21日午後2時ごろ、木下翔太郎撮影

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故を受け、国土交通省は「乗船者名簿」の作成・保管が義務となる旅客船の対象を拡大する方針を固めた。これまで義務とされていたのは長距離航路の旅客船などで、カズワンのように沿岸を航行するものは対象外だった。21日に開催された有識者による事故対策検討委員会の第8回会合で国交省が案を提示し、了承された。

 船員法上、乗船者名簿は「船長が船内に備え置くこと」と規定されている。ただ、沿岸から遠く離れない航路の船舶は作成・保管は義務ではなく、事業者側の判断に委ねられていたという。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文564文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集