唯一無二のレトロバス、44年ぶりに再び使命 乗客のせ旭川市内走行

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロータリーを走る1963年製のレトロバス「MR430」=北海道旭川市で2022年10月21日、土屋信明撮影
ロータリーを走る1963年製のレトロバス「MR430」=北海道旭川市で2022年10月21日、土屋信明撮影

 前タイヤが2軸4本の旭川電気軌道のレトロバス「MR430」(1963年製)が21日、ツアー客を乗せて44年ぶりに北海道旭川市内を走った。東川町の自動車整備工場で眠っていた車体を、同社が昨年6月から部品などを集めて復元した。

 「MR430」は約60年前に、三菱ふそうが全国で14台製造。動く車両はこの1台しか残っていない。全長約12メートルで、カタログ表記では最大110人乗ることができる。1978年に現役を引退し、バス愛好家に引き取られ屋内で保管されて…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

あわせて読みたい

ニュース特集