香港で「バットマン」上映中止 政府指示「検閲条例」抵触か 米報道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 香港で27日に予定されていた米人気映画「バットマン」シリーズの作品の上映が中止になったことが分かった。米ブルームバーグ通信が21日、報じた。作品では腐敗した中国人ビジネスマンが登場。香港政府が「国家の安全に不利」と判断した映画の上映を禁じる「映画検閲条例」に基づき、中止を指示したもようだ。

 作品は香港がロケ地となった「ダークナイ…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文260文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集