静岡の中学生、角界へ 卒業後、錦戸部屋入門 大阪場所で初土俵予定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
静岡県掛川市の高柳泉副市長(右)に錦戸部屋に入門することを報告した中村謙信さん(中央)と錦戸親方=静岡県掛川市役所で2022年10月20日、山田英之撮影
静岡県掛川市の高柳泉副市長(右)に錦戸部屋に入門することを報告した中村謙信さん(中央)と錦戸親方=静岡県掛川市役所で2022年10月20日、山田英之撮影

 静岡県掛川市立北中学校3年、中村謙信(けんしん)さん(15)が、卒業後に大相撲の錦戸部屋に入門、角界入りすることになった。中村さんは20日、錦戸親方(元関脇、水戸泉)と市役所を訪れ、高柳泉副市長に「幼いころ、力士を見て強くてかっこいいと思った」と大相撲を目指した理由を語った。

 中村さんは身長165センチ、体重88キロ。小学生のころから将来、大相撲の世界に進むことを目標にしていた。近隣に相撲をする環境がなく、小学1年生から9年間は柔道を…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

あわせて読みたい

ニュース特集