「ホームの温かさうれしい」盛岡でクライミングW杯 日本勢決勝進出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大勢の観客が集まったスポーツクライミングのワールドカップ複合盛岡大会=盛岡市の岩手県営運動公園で2022年10月21日、山本晋撮影
大勢の観客が集まったスポーツクライミングのワールドカップ複合盛岡大会=盛岡市の岩手県営運動公園で2022年10月21日、山本晋撮影

 スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)複合盛岡大会が22日まで岩手県営運動公園で開かれている。盛岡市出身の伊藤ふたばをはじめ国内外のトップ選手らの競演が、ファンや地元住民らを楽しませている。

 21日午後には、到達した高さを競うリードの男女準決勝があった。垂直よりきつい傾斜でそそり立つ高さ約15メートルの壁に挑む選手らに、観客から…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集