特集

ヤクルト

プロ野球・東京ヤクルトスワローズの特集サイトです。

特集一覧

3冠王・ヤクルト村上、好調維持 強敵山本にも「立ち向かう」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本シリーズの前日練習で打撃練習するヤクルトの村上宗隆=神宮球場で2022年10月21日、北山夏帆撮影
日本シリーズの前日練習で打撃練習するヤクルトの村上宗隆=神宮球場で2022年10月21日、北山夏帆撮影

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2022」(7試合制、4戦先勝方式)は22日、東京・神宮球場で開幕する。セ、パ両リーグともに2連覇したヤクルトとオリックスが昨年に続き対戦する。

 前日練習のフリー打撃で、セ・リーグ打撃部門「3冠王」のヤクルト・村上宗隆は約40スイングのうち、10本程度を右、左、バックスクリーン付近へと次々にたたき込んだ。クライマックスシリーズでは逆転本塁打や激走での適時内野安打など流れを引き寄せるプレーを随所に見せたが、好調ぶりは変わらないようだ。

 1学年上のオリックスの初戦先発・山本由伸に対しては「誰もが認める日本のエース。最高の舞台で戦えることがすごく光栄」と一目置く。昨季の日本シリーズでは2試合で計7打数1安打に抑えられているが、「打ちたいと思っている。そこは関係ない」と意に介さない。「向こうは『去年のリベンジ』ぐらいの気持ちでくることはわかっている。僕らもそれに立ち向かって戦っていきたい」と力を込める。

この記事は有料記事です。

残り206文字(全文633文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集