楢崎智亜が優勝、日本勢が表彰台を独占 クライミングW杯複合

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スポーツクライミング複合ワールドカップ盛岡大会の男子準決勝リードで登る楢崎智亜。トップで決勝進出を決めた=盛岡市の岩手県営運動公園で2022年10月21日、山本晋撮影
スポーツクライミング複合ワールドカップ盛岡大会の男子準決勝リードで登る楢崎智亜。トップで決勝進出を決めた=盛岡市の岩手県営運動公園で2022年10月21日、山本晋撮影

 スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)複合盛岡大会第2日は21日、岩手県営運動公園スポーツクライミング競技場で行われ、男子決勝で東京オリンピック代表の楢崎智亜(TEAM au)が合計156・4点で優勝した。緒方良行(B―PUMP)が2位、藤井快(TEAM au)が3位に入り、日本勢が表彰台を…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文343文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集