連載

僧侶・陽人のユーチューバー巡礼

ユーチューバー僧侶、小池陽人さんを案内人に「ユーチューブ」の担い手と情報発信の現在地を探ります。

連載一覧

僧侶・陽人のユーチューバー巡礼

農作業は仏道修行? 77歳ユーチューバー「くよくよしない」生き方

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
農作業の中で感じることなどについて語り合う吉岡元晴さん(左)、ひろちゃん(中央)、小池陽人さん=高知市布師田で2022年10月5日午後2時28分、花澤茂人撮影
農作業の中で感じることなどについて語り合う吉岡元晴さん(左)、ひろちゃん(中央)、小池陽人さん=高知市布師田で2022年10月5日午後2時28分、花澤茂人撮影

 畑で大きなサトイモを収穫しすてきな笑顔を見せるのは、77歳の農業ユーチューバー「ひろちゃん」だ。広さ約250坪(約830平方メートル)の畑を舞台に日々野菜と向き合う姿を、長男の吉岡元晴さん(55)が撮影、編集して発信している。その元気と人気の秘密を知りたい。かねて「農家の方は仏教的な生き方のお手本」と考えていたというユーチューバー僧侶の小池陽人さん(35)と、2人に会いに高知市郊外の畑を訪ねた。【構成・花澤茂人】

コメントに「ありがとう」

 小池 農園での日々を発信し始めたきっかけは。

 元晴 新型コロナ(ウイルス)禍が始まった2年半ほど前に、それまであまり見たことがなかったユーチューブというものを意識したんです。僕には何ができるかと考えた時に、母の農作業を撮ろうと思った。というのも、母は朝早うから夜遅うまでずっと畑に没頭している。そこで何をやっているのか記録に残せば、孫たちが大きくなった時に「ああ、ばあちゃんこんなことやっていたな」と見られるだろうと。それに、母はいろいろなアイデアを持ってやっていることは知っていたので、それを発信したらどうだろうと思ったんです。撮って構わんかと聞いたら「別に隠すこともないし構わんよ」ということで、始めてみたんです。

 ひろちゃん 私はユーチューブの存在も知らなかった。どんなことするかも知らないし、もう好きにしてって感じで(笑い)。

 小池 動画へのコメントなど、反響も見ていますか。

 ひろちゃん スマホで見ます。皆さん褒めてくださって「私はそんなに偉い人じゃないのに」と思うことが多いです。ただ好きで野菜作ってるだけやけどなあ、すみません、ありがとうとか、独り言を言いながら読んでます。

 元晴 母は化学肥料は使わずに、米ぬかを発酵させた「ぼかし肥料」を使うやり方を発信しているのですが、視聴者さんから「同じようにぼかし肥料で作ってみたらすごくおいしかった」というコメントが来ると特にうれしい。

 ひろちゃん 土にぼかし肥料やもみ殻を入れるとふかふかになって、微生物もどんどん増えていく。そしたらお野菜の根も広がっていくのでそれを吸収する力が野菜にできて、立派なお野菜ができる。私はそれを人に教えるつもりでやってるわけじゃないけど、隠す必要もありませんから。

 小池 自分では当たり前と思っていたことが、実は…

この記事は有料記事です。

残り3285文字(全文4259文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集