特集

宝塚歌劇

100年を超えてなお、世代を超えて多くのファンを魅了する宝塚歌劇。関連するニュースをお届けします。

特集一覧

元宝塚歌劇団トップ・望海風斗 「1番でなかった」歌に目覚めた転機

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
歌に目覚めたきっかけについて語った元宝塚歌劇団トップスターの望海風斗=大阪市北区で2022年9月14日、川平愛撮影
歌に目覚めたきっかけについて語った元宝塚歌劇団トップスターの望海風斗=大阪市北区で2022年9月14日、川平愛撮影

 意外な話を聞いた。「歌は好きでした。でも、下級生のころはソロをいただく機会はそんなになく、試験の成績も1番ではなかったんです」

 抜群の歌唱力と表現力で人気を集めた元宝塚歌劇団雪組トップスター・望海風斗(のぞみ・ふうと)。2021年4月の退団後もステージへの出演が途切れない望海には、20年間の芸能生活で、歌い手として覚醒したきっかけがあった。

 宝塚との出合いは10歳のころ。月組トップスターだった涼風真世のさよなら公演「グランドホテル」(1993年)を、東京宝塚劇場で見た。「こんな世界があるなんて」と衝撃を受け、「同じ舞台に立ちたい。宝塚に入りたい」と心に決めた。芸の道とは無縁だった家族も応援してくれて、1回目の受験で音楽学校に合格。03年に初舞台を踏み、花組に配属された。

「ファントム」で抱いた憧れ

 自分では秀でているとは思っていなかった歌に対し、意識が変わったのがミュージカル「ファントム」だった。…

この記事は有料記事です。

残り1750文字(全文2154文字)

【宝塚歌劇】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集