連載

eye

社会や政治、スポーツなど国内外の動きを、写真のレンズを通して見つめます。

連載一覧

eye

立山連峰、氷河に迫る 国内初発見から10年

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
朝焼けに染まる内蔵助氷河のある雪渓。7月はまだ残雪が多い=富山県・立山連峰で2022年7月30日、滝川大貴撮影
朝焼けに染まる内蔵助氷河のある雪渓。7月はまだ残雪が多い=富山県・立山連峰で2022年7月30日、滝川大貴撮影

 「氷河」と聞くと、多くの人は極地やヒマラヤを連想するだろう。日本とは無縁な感じだが、実は国内でも七つの氷河が確認されている。2012年4月に富山県・立山連峰の3カ所の万年雪が、国内初の氷河に認定されて今年で10年。氷河認定の立役者で、立山カルデラ砂防博物館の飯田肇学芸課長(67)らの調査に同行し、氷河の素顔に迫った。

 10月6日。紅葉を眺めながら登り始め、中腹でパラパラと雪が舞い始めた。標高約2800メートル、立山連峰・真砂岳(まさごだけ)の稜線(りょうせん)にたどり着くと、斜面が巨大なスプーンでえぐられたような地形が広がっていた。氷河の浸食でできた「カール」。稜線の下に見える雪渓付近一帯が、18年に認定された「内蔵助(くらのすけ)氷河」だ。到着すると、隊員らが手慣れた様子でGPS(全地球測位システム)機器を…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1107文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集